ヘアアイロンの収納

0 0
ヘアアイロンの収納

ヘアアイロンの収納 収納完了


収納する物遮光 娘のヘアアイロンです。買ってからだいぶたっていますが、
 箱から出したバラバラな状態で子供部屋の棚の上に置いてありました。
 私も若い頃はそうでしたけど。
 ヘアアイロンは、洗面所と部屋両方で使うというので
 移動しやすいようにカゴにまとめてみました。

有り合わせの地味な色味の100均のカゴですが、
久しぶりに部屋を片付けて、新学期に向けて
張り切っている娘にささやかなプレゼントをしようと取りかかりました。

片付け好きでない娘でも片づけたくなるような
出し入れしやすく、且つピッタリサイズの収納を目指します。

収納する物遮光 収納する物はこちらです。
 棚の一段を丸々使ってヘアアイロン置き場にしていました。
 ヘアアイロン本体と付属のカールカートリッジと取り扱い説明書。
 取扱説明書の中にはヘアアレンジも載っているので
 一緒に収納したいと娘からお願いされました。

長いコードコードをまとめる このヘアアイロンのコード。2.8m。 長っ!
 長さに疑問を感じつつ、大は小を兼ねる‥と納得。
 使いやすい長さにしてリボンタイでまとめました。
 全部をまとめてしまうと、使うときに面倒なので
 すぐ使える長さにして収納することにします。

材料遮光 使った物は、100均のカゴ、牛乳パック、ニッパーです。
 牛乳パックで仕切りを作りました。牛乳パックを丁度いいサイズに切って、
 仕切りになる部分の裏には両面テープを貼って
 仕切りの山が開かないようにします。
 カゴに入れるとカールカートリッジを囲む形の仕切りになります。

穴を開ける ニッパーを使ってカゴに2ヶ所の穴を開けました。
 パチンパチンと気持ちいい音で切れます。
 1番下の網目まで切り落としてしまうとカゴが弱くなるので
 1番下の網目は残しておきます。
 切り口が凸凹になってしまった所はカッターで切ってならします。
幸い、コードの付け根がカゴに当たることはありませんでした。

穴の使い方 ニッパーで切り落として開いた穴からコードを逃がします。
 突き出たコードが痛むのではと思いましたが、
 こうすると中に入れるヘアアイロンがピッタリ安定します。
 後日カゴごと引き出しや容器に入れて収納すると安全です。
 本体部分のコードを1つ目の穴から出し、2つ目の穴を通って
カゴの中に戻り、最後に差込みプラブが2つ目の穴から出るようにしました。
こうすると雑に片づけてもカゴの中でコードが盛り上がることなく気持ちよく落ち着きます。

カールカートリッジ 牛乳パックで仕切ったコードの上の部分にはカールカートリッジを収納。
 2面はカゴ、2面は牛乳パックの仕切りと4面全て囲われているので、
 取り出す時に指を入れるスペースを考えてゆったり目に仕切っています。
 娘だけが使う道具なので娘仕様です。
 片づけたくなることを願って出し入れしやすく収納しました。

取説を敷いて たまに見るという取り扱い説明書。
 取り扱い説明書を見るときは
 本体も取り出していると思われるので
 本体とコードの下に敷きました。


ヘアアイロンの収納 収納完了 小 30分位の作業の簡単な収納ですが、
 作っている間に見ていた娘も参加してきて
 娘の収納デビューとなりました。
 地味なカゴなのに気に入ってくれたようです。
 楽しい時間を過ごしました。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。 ('-'*)アリガト♪
下のランキングバナーをポチポチッと押していただくと更に励みになります。
Ctrlキーを押しながらポチポチしていただくと、画面が飛ばすに便利です。
 ゚+。(o・ω-人)・.。*


 ブログランキング・にほんブログ村へ


ページトップ